愛犬チロルの椎間板ヘルニア体験記

モグワンドッグフード

 

犬の「椎間板ヘルニア」はミニチュアダックスフンドなど、胴が長く、足が短いワンちゃんに発症しやすいと言われています。なんと、ミニチュアダックスフンドの椎間板ヘルニアの発症率は、他の犬種の10倍以上だそうです!そして、例にもれず、うちのチロルも数年前椎間板ヘルニアを発症し、手術をした経験があります。

 

普段と変わらず過ごしていたチロルですが、室内を歩いているといきなり「キャインッ」という悲鳴にも似た鳴き声をあげ、うまく歩けなくなってしまったのです。幸いにもすぐにお医者さんへ行き、手術をし今は元気に歩き回っています。ただお医者さんには「いつまた発症するかもわからない」と言われ散歩に行くときや、抱っこするときは、背骨に負担がかからない様、最新の注意を払うように心がけています。

 

元気になった今は体重が増えないよう、気をつけています。

椎間板ヘルニアは肥満によっても引き起こされると言われるため、体重管理が重要です。

 

おもすぎる体重は椎間板に負荷がかかり、ヘルニアの原因となってしまいます。うちのチロルは去勢手術もしているため、食欲も無限で与えたら与えただけ食べてしまいます。

 

そんなこともあって、市販のドッグフードからダイエットに効果的な低脂肪・低カロリーのモグワンドッグフードにのりかえ、毎日食べさせています。(今のところ体重の増加は抑えられています。)それだけでなく、モグワンドッグフードはしっかりと栄養素が摂れグレインフリーであるため、安心してチロルに食べさせることができています。

 

モグワンドッグフードは市販のドッグフードに比べると、お値段ははりますが、椎間板ヘルニアの手術費用(30万円強しました。)を考えるとたいしたことはありません。それ以上に、チロルの元気な姿を見れるならお安いものです!

 

良質なドッグフードでしっかりと体重管理を行い、チロルがこの先苦しむことのない様健康管理を行っていこうと思います。

 

≪チロルもお気に入り!栄養満点のモグワンドッグフードの公式サイト≫
▼ ▼ ▼ コチラをクリック! ▼ ▼ ▼
モグワンドッグフード

関連ページ

皮膚炎・アレルギー性皮膚炎
皮膚炎はワンちゃんがかかりやすい傷病ランキングbPです。その原因は多岐にわたりますが、普段与えているドッグフードを見直してみるだけでも改善が期待される場合もあります。
目やに・涙やけ
目やにや涙やけを放置しておくと結膜炎や急性緑内症を発症してしまう恐れがあります。毎日のケアや、ドッグフードの見直しが目やに、涙やけの予防、改善に繋がります。
肥満
「肥満は万病の元」これはワンちゃんにとっても同じです。ベストな体型を知り、毎日適量のドッグフードを与える様にしましょう。モグワンドッグフードは低脂肪・低カロリーであるため、肥満気味のワンちゃんにもおすすめです。