皮膚炎はワンちゃんのかかりやすい傷病bP

モグワンドッグフード

アイペット損害保険株式会社の調査結果によると、2015年8月1日〜2016年3月31日までの間にあった保険請求についての調査で、「皮膚炎」が傷病ランキング1位となりました。また10位にはアレルギー性皮膚炎が入っており、ワンちゃんにとって皮膚炎は身近な病気であると言えます。

1位 皮膚炎 6位 誤飲、誤食、異物誤食
2位 外耳炎 7位 胃腸炎
3位 下痢 8位 てんかん
4位  腫瘍 9位 アレルギー性皮膚炎
5位 嘔吐 10位 骨折

※出典:アイペット損害保険株式会社「ペットのかかりやすい傷病ランキング」

 

ワンちゃんが発症しやすい皮膚炎には膿皮症、指漏症、脱毛症などがあり、特に膿皮症はワンちゃんが発症する皮膚炎の中で最も多いと言われています。

特に多い膿皮症、その原因・症状・治療法と予防法

モグワンドッグフード膿皮症の原因
膿皮症とはもともとワンちゃんの皮膚に存在しているぶどう球菌が、免疫力が低下しているときに異常繁殖し起こります。アトピーや脂漏症など慢性の皮膚病による皮膚の免疫力やバリア機能の低下や、ダニが皮膚へ寄生することが原因と言われています。

 

モグワンドッグフード膿皮症の症状
初期の段階では、皮膚が小さくはれたり、強いかゆみを伴う赤い発疹がきます。特に顔や脇、またの内側、指の間によく現れます。進行すると次第に病変部が丸く広がり、中心部が黒くなり牛の目のようになります。また強いかゆみを伴うため、皮膚を書きすぎるあまり脱毛することも多いです。化膿すると異臭をはなったり、痛みや発熱を伴う場合もあります。

 

モグワンドッグフード膿皮症の治療法
膿皮症は、原因とする最近に合わせた抗生物質を投与したり、薬用のシャンプーで最近を落としたりといった治療を行います。しかしこれらはあくまでも膿皮症の進行を止めるのであって、完全に治る訳ではありません。

 

モグワンドッグフード膿皮症の予防法
◇毎日の食事◇
まずは免疫力をつけることが大事です。腸内は体の免疫細胞が多く集結しており、犬の免疫力は腸内環境で決まるとも言われています。腸内環境を整えることは、免疫力を向上させ色々な細菌にもつよくなり病気の予防にもなります。そして腸内環境を整えるためには、ワンちゃんにとって消化吸収のいい食事を与えてあげることが大切となってきます。特に植物性タンパク質や穀物はワンちゃんにとって消化吸収しずらく、おなかに負担がかかり腸内環境を悪化させてしまいます。

 

◇適度な運動◇
毎日のお散歩はワンちゃんの免疫力アップにとても効果的です。足腰がしっかりときたえられ、また免疫力低下の原因の1つであるストレスを軽減する効果もあります。さらに、外の空気にふれ、しっかりと太陽の光を浴びることで、体内でビタミンDが生成され、免疫力アップを助けてくれます。

 

管理人おすすめの穀物フリーのドッグフードはコチラモグワンドッグフード

ワンちゃんがかかりやすい傷病9位”アレルギー性皮膚炎”

モグワンドッグフードアレルギー性皮膚炎の原因
アレルギー性皮膚炎といっても、その要因は様々であり、遺伝+環境要因で引き起こされる「アトピー性皮膚炎」と毎日の食事に含まれる食材が原因で引きおこる「食物アレルギー」の2つに分類されます。

 

アトピー性皮膚炎は遺伝的なものに加え、ハウスダスト、ダニ、かび、花粉などのアレルゲンが原因で発症します。特にゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、柴犬、シーズーなどの犬種は、生まれつきアトピー性皮膚炎になりやすい傾向にあります。

 

モグワンドッグフードアレルギー性皮膚炎の症状
アトピー性皮膚炎の場合には、お腹や足、顔などに赤みや発疹がみられ、激しいかゆみを伴います。食物アレルギーの場合には、口や目のまわり、耳の奥部など体の内側から赤みや発疹がみられ、季節に関係なく1年中かゆみが発症します。

 

モグワンドッグフードアレルギー性皮膚炎の治療法
アトピー性皮膚炎である場合には、かゆみや炎症を抑える薬を投与したり、薬用シャンプー、サプリメントなどを使用して症状を緩和させてあげます。また、保湿効果のあるリンスやローションで皮膚を保湿・保護し、バリア機能を向上させてあげるのも効果的です。

 

食物アレルギーである場合には、まず原因となっているアレルゲンを特定することが大事です。アレルゲンの特定さえできればその食材を与えなけばいいのです。

 

モグワンドッグフードアレルギー性皮膚炎の予防法
環境要因のアレルギーである場合には、まずはハウスダストやダニ、花粉などをワンちゃんに近づけさせない様にすることでしょう。そしてワンちゃんの寝る場所や、よく居る場所は清潔に保ってあげましょう。うちのチロルも昔アレルギーだったのか、くしゃみを頻発させていたのですが、空気清浄機を置いてからはくしゃみがピタッと止まりました。

 

食物アレルギーが懸念される場合には、アレルギーになりにくいラム肉がメインのドッグフードを与えてみるのも良いでしょう。ただ、食物アレルギーは予防することに過敏になりすぎずいろんな食材を与えてあげ、アレルギー反応が出た場合に、ドッグフードを変えるなど対処してあげましょう。

 

モグワンドッグフード

関連ページ

愛犬チロルもなった椎間板ヘルニア
愛犬のチロルも昔椎間板ヘルニアになり手術を経験しました。再発防止のために気をつけていることやチロルお気に入りのドッグフードを紹介します。
目やに・涙やけ
目やにや涙やけを放置しておくと結膜炎や急性緑内症を発症してしまう恐れがあります。毎日のケアや、ドッグフードの見直しが目やに、涙やけの予防、改善に繋がります。
肥満
「肥満は万病の元」これはワンちゃんにとっても同じです。ベストな体型を知り、毎日適量のドッグフードを与える様にしましょう。モグワンドッグフードは低脂肪・低カロリーであるため、肥満気味のワンちゃんにもおすすめです。